So-net無料ブログ作成

<南アW杯>ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)

 11日に開幕するサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会にちなみ、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区)のスカイラウンジで、出場各国をイメージしたオリジナルカクテルが売り出されている。全32種類で、1杯1575円。決勝戦がある7月11日まで楽しめる。

 各国の国旗や名産品などからイメージして作製した。「日本」はユニホームのサムライ・ブルーをイメージした青色のカクテル。輪切りしたレモンと赤いチェリーで国旗を形どり、ライムが効いたさわやかな味わいに仕立てた。赤唐辛子を使った「韓国」はピリッと辛く、「スペイン」はトマトジュースや名産のシェリー酒を合わせた。日本の初戦の相手「カメルーン」はレモンとライムの皮でチームの愛称「ライオン」を表現している。

 一番人気は「日本」といい、バーテンダーの松本洋一さん(31)は「W杯の盛り上げに一役買えれば」と話す。【米山淳】

【関連ニュース】
日本航空:南アW杯チャーター機ゼロに
南アW杯:マンデラ氏に来てほしいが…大会組織委
雑記帳:南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城
南アW杯:揺れる魔球も注目 軌道は予測不能、GK泣かせ
南アW杯:高速鉄道が操業開始 30キロを15分で結ぶ

荒井氏は問題ない=事務所費問題で首相(時事通信)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
主導の執行役員ら5人関与か=経営陣の指示解明へ―振興銀検査妨害・警視庁(時事通信)
亀井金融相が辞意=郵政見送りに反発、連立は維持―参院選、7月11日投票(時事通信)
南アW杯 7割超「勝つと思わなかった」カメルーン戦(毎日新聞)

<殺人>弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)

 2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1の関内川島ビル9階「横浜みらい法律事務所」の女性事務員から、「男が刃物を持ってけんかしている」と110番があった。駆けつけた神奈川県警加賀町署員が、事務所に所属する弁護士の前野義広さん(42)=同区蓬莱町3=が血を流して倒れているのを発見。胸や腹を刺されており、病院に運ばれたが同4時ごろ死亡した。同署は殺人事件とみて逃げた男の行方を捜している。

 同署によると、前野さんは床に倒れ、近くには凶器とみられる血の付いたサバイバルナイフのような刃物が落ちていたという。逃げた男は年齢30歳くらいで身長約170センチ、白いTシャツに黒のTシャツを重ね着し、ベージュのズボン姿。手袋をして、黒いリュックサックを背負っていた。

 現場はJR根岸線関内駅から北東へ約500メートルのオフィス街。【吉住遊、中島和哉】

<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
郵政改革法案、派遣法改正案…成立微妙に(読売新聞)
まず姿勢を低く、頭保護=大地震時、火の始末は次に―避難行動で報告書・文科省(時事通信)
考えただけでも涎が…仙台放送・原英里奈アナウンサー(産経新聞)
いじめで転校 元同級生に賠償命令 京都地裁(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。