So-net無料ブログ作成

生活保護費を詐取、大阪の占い師を起訴(産経新聞)

 収入がないように装い、大阪市から生活保護費を詐取したとして、大阪地検は17日、詐欺罪で同市西成区南津守の占い師、井上時弘容疑者(63)を起訴した。「老後の生活のために金がほしかった」と起訴内容を認めているという。

 起訴状によると、井上被告は平成20年1月に祈祷代金など318万円の収入があったにもかかわらず、市に「病気のために収入が得られない」と虚偽申請し、翌月から昨年5月までの間、18回にわたり計約270万円の生活保護費を詐取したとしている。

 逮捕容疑は、18万円の収入を隠し、生活保護費約18万円を詐取したとされていたが、その後の捜査で、300万円の収入と約250万円の生活保護費の詐取が判明したという。

【関連記事】
自称「キタの父」詐欺で逮捕 占い師?テレビや雑誌にも
占い師ら2人を再逮捕 「高島易断」名乗り詐欺容疑
高島易断かたり祈祷料詐取 口座5.7億円「霊心館」代表逮捕
傷害被害者に法廷で「またやってやる」暴言男が控訴取り下げ
女子高生とHで逮捕…占い芸人・小笠原まさやって?

普天間移設 官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
米次官補が訪日を突然中止 日程上の理由と国務省(産経新聞)
外交文書公開、抜本的に見直し…外相が方針(読売新聞)
東北で強い揺れ 福島で震度5弱 緊急地震速報発令(産経新聞)
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。